財布の形、ブランドに対するこだわり

私は2年か3年に1度、財布を新しく購入しています。
財布へのこだわり、重要な点は「機能性」と「見た目」です。
財布を購入する際にまず誰もが考えるのは、折りたたみ財布かそれとも長財布かということだと思います。
折りたたみ財布の利点としては、コンパクトであることが挙げられます。
荷物の多い人など、カバンの中にモノが多い場合、もしくはカバンを持たずに財布をポケットに入れて行動する場合は折りたたみ財布の方が便利でしょう。
しかし、私は長財布派です。
長財布はお札を折らずに入れることができますが、私が長財布を選ぶ一番の理由は見た目です。
完全に個人の好みですが、私は長財布の方が好きです。
私は毎回必ず長財布を買います。
長財布と言っても、その形は1種類ではありません。
L字型にファスナーが開く形、またはボタンで開く形があります。
前者の方が薄く、コンパクトに収まります。
逆に後者はボタンが2段階のものもあり、比較的多く入ります。
カードなどを大量に持ち歩く私としてはボタン式の方が使いやすいのですが、今は財布の中身を減らすという意味であえてL字型ファスナー式を使っています。
半年ほど使って、やっと慣れてきました。
財布がすっきりしています。
私の好きなブランドはSamanthaシリーズで、財布は現在、サマンサタバサプチチョイスのものを使っています。
値段は17000円くらいです。
エナメルの素材の財布が欲しくて店舗に行ったのですが、かなり可愛いデザインのものを見つけました。
中まで可愛いデザインです。
色も豊富で、薄いピンクと濃いピンクで悩み、薄い方を買いました。
ロゴも可愛いので非常に満足しています。
ただ、エナメルで汚れにくくはあるのですが、一回汚れたらなかなか落ちません。
一度テープから色移りしてしまい、ずっと取れないまま使っています。
しかしやはりエナメルの素材は可愛いので、次回買うときもエナメル素材だと思います。
今のところ、色移り1回以外は全く汚れていません。
ブランドも、次もまたサマンサにしようと思っています。
デザインは細かいところまで凝っていて、財布につけるチャームも豊富に揃っているので、可愛いもの好きな女子にはオススメのブランドです。
もしプレゼントで財布をもらうのならば、使いやすいものが良いです。
財布にこだわりのある人は、メインで使う財布は自分で選びたいと思います。
私も普段持ち歩く財布は自分で探して選んだものが良いです。
プレゼントでもらうのならば、サブで持ち歩くことのできる、機能性の高いものが良いと思います。

 

乾燥肌対策のための生活改善

乾燥肌対策でまずしたい事は、生活の改善です。
私もよく、唇や手、顔がガサガサに荒れてしまうのですが、それには一定の法則みたいなものがあるような気がします。
つまり、仕事が忙しくて食生活や睡眠などが乱れているときには乾燥肌の傾向が顕著に現れます。

  • 睡眠について
    私たちの体は、夜の睡眠時に肌の再生を行なっています。きちんと体が休まっているときには、肌の再生サイクルも活性化しますし、睡眠時間が短くなったり、深夜から昼間にかけて眠るということが続けば、肌の健康も損なわれます。できれば、夜の10時とか11時に入眠することが理想ですが、なかなかそうも行かないかもしれません。それでもできるだけ早く寝るということを心がけましょう。 
  • 食事について
    基本的なことでなかなかできないことではありますが、一日3食きちんと食べることは、肌にも良いです。栄養を取らなければ、肌を活性化する原動力がなにもないということになってしまうからです。特に肌については、栄養が体に行き渡る際に優先順位があまり高くありません。私たちの体は、脳や内臓など、生きていくために必要な部分にまず優先して栄養を送り、その余った分がお肌へ回されます。栄養をバランスよく食べることも重要です。肌は、ひとつの栄養素でのみ構成されているのではなく、様々な栄養素から成り立っています。野菜も食べ、お肉も食べ、炭水化物もきちんと摂るというのが、私たちの体にも、肌にも大切です。 
  • 日常生活について
    部屋の空気が乾燥していると、もちろんですが、肌の水分が空気に奪われて乾燥肌になりやすいです。例えば、エアコンの空気を直接浴びたりすることは肌には大打撃となります。冬は空気が乾燥しがちですが、ある程度の湿度が保たれたお部屋作りが理想です。もちろん、加湿器を設置してもいいでしょうし、コップ一杯の水をテーブルの上に置いておくだけでも、それが蒸発することによって幾分か効果があります。私は、部屋に電気ポットを置いています。電気ポットはお湯の温度が低くなると、それを検知して自動的に再沸騰してくれますが、その際に蒸気が放出されます。常に温かいコーヒーを淹れることができる上に、部屋の湿度も保たれるので、お気に入りの方法です。 
  • 入浴の仕方について
    入浴の際には、あまり熱いお湯に入ると、肌を痛めてしまいますので注意しましょう。洗顔についてもしすぎることによって、肌の皮脂が奪われてしまって、かえって乾燥肌を助長することにもなりかねませんから、さっと軽めに行うのが良いでしょう。一番良いのは、石鹸です。界面活性剤が含まれない石鹸は、お肌にも優しい上にきちんと汚れを落としてくれますので、特にボディーソープにこだわりがないという方は、思い切って石鹸に切り替えてみるのもいいかもしれません。